読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Neighbor-World解説コーナー

赤目ガオカの自主制作『Neighbor-world』の作品かんたん解説【画像の著作権は赤目ガオカにあります】

ワイラ

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221174048j:plain

ワイラ(Waira)

絵師・鳥山石燕の描いた『画図百鬼夜行』に掲載されている妖怪の一体。

年老いた蝦蟇が変異して生まれた妖怪とされているが、

実際は「恐(こわ)い」という言葉から生まれた創作妖怪。

 

【Nwでのワイラ】

相手の恐怖を糧に生きる妖怪。

その為実体を持たず、相対したもの恐怖感を煽る見た目に変貌する。

保存

ガーゴイル

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221173416j:plain

ガーゴイル(gargoyle)

フィクションで良く”使われる”石像の怪物。

だが実際は『雨樋の彫刻』であり、神話や民族伝承に乗る創作の怪物ではない。

 

【Nwでのガーゴイル

悪魔や魔神の手下として扱われ、門番であったり斥候役であったり実に忙しい。

保存

オルトロス

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221172738j:plain

オルトロス(Orthrus)

地獄の番犬・ケルベロスを兄に持つ双頭の犬。

ゲーリュオーンの雄牛を守っていたが、

ヘラクレスの”修業”の最中に棍棒で殴殺される。(主人も殴殺)

オルトロスにしてみればヘラクレスは強盗であり殺人犯なのである。

保存

張り子犬

作品名:張り子犬のひとやすみ

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221170914j:plain

 

張り子犬(Hariko-dog)

民芸品屋さんを覗くとでんでん太鼓と一緒に居るのを見ることができる。

ネコのような見た目をしているがれっきとした”犬”である。

江戸時代には2,3歳の子供が乗れてしまう位

大きな張り子犬が作られていた。

 

【Nwでの張り子犬】

大切に扱われてきた民芸品の付喪神

カワイイ見た目に反してテレパシーで伝わってくる声は中々に渋い。

その為人が離れるのを恐れて普段は殆どしゃべらない。

 

 

保存

シーサー

作品名:獅子対図

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221165758j:plain

シーサー(サンスクリット語の獅子を沖縄語発音したもの)

 

獅子、文字通りライオンをモチーフに生まれた霊獣。

日本で最南端に位置する”沖縄”を専守防衛するパワーファイター。

本土と阿吽の意味合いが若干異なり、

阿形が幸運を取り込み、吽形は取り込んだ幸運を逃がさない仕様。

 

【Nwでのシーサー】

姿形は古来タイプの赤土で出来た像を依代としている。

向かって右の阿形シーサーは最近依代が新造された為

左の吽形シーサーに比べると若々しい見た目。

保存

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221152007j:plain f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221152736j:plain

 

獏(ばく, Baku

あらゆる霊獣が創造された後、余ったパーツを集めて創造された霊獣。

ちなみに動物のバクはこの霊獣と姿が似ていた為同じ名前になった。

『悪夢を食べる』という能力は日本独自のもの。

 

【Nwでの獏】

現実と夢の境界に生きる霊獣。なのでよっぽど力が無い限り視認できない。

 

保存

保存

獅子狛犬

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221143124j:plain

獅子狛犬(しし こまいぬ, Karajishi-Komainu)

大元は御帳場の御簾を押さえる銅像

当時は皇族="神"を守る番犬としての意味合いが強かったが、

後に神社の拝殿前に置かれ領域の守護者としての意味合いが強くなる。

配置は神様に対しての配置であり、人間に対しての配置ではない。

最近の神社は向かって右の(唐)獅子が対を成す唐獅子型の「狛犬」が多く、

大元の狛犬の姿が忘れ去られてきているフシが有る。

 

【Nwでの獅子狛犬

上野東照宮に座している”狛犬”がモデルで筋骨隆々。

向かって左の「狛犬」は一度変異して

この姿をしている為「獅子」より数倍年上。

狛犬はテレパシーでしか話せないが、獅子はその数倍わちゃわちゃと喋り

狛犬に諌められる事が日常茶飯事。

保存

保存