読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Neighbor-World解説コーナー

赤目ガオカの自主制作『Neighbor-world』の作品かんたん解説【画像の著作権は赤目ガオカにあります】

土蜘蛛

土蜘蛛(つちぐも, Tsutigumo) クモに牛の頭がくっついた風貌。 『牛鬼(うしおに)』と混同されがちな不遇妖怪。 そもそも「土蜘蛛」とは盗賊団の名前であり、 その盗賊団が潰された際彼らの怨念が集合・妖怪化したものである。 作者からの愛称は『毛玉般若』

鵺(ぬえ, Nue) 平安時代に出現した代表的な妖怪の一体。 頭は猿、身体は虎、尾は蛇で鳴き声はトラツグミに似ているという。 「掴みどころがなく、正体不明」という例えに使われるが これは鵺の生まれた経緯が経緯である為である。 【Nwでの鵺】 雷雲の化身。…

牛鬼

牛鬼(うしおに又はぎゅうき / Ushioni, Gyuuki) 沢や海など水の近くに棲むとされる怪物。 妖怪に区別するとかなり上位の存在で 人間の影を喰らう事で人を殺す。 濡れ女という妖怪を妻にしているという記述もある。 【Nwでの牛鬼】 鳥山石燕の『画図百鬼夜行…

磯撫で

磯撫で(Iso-nade) 西日本の近海に出現する鮫の姿をした妖怪。 尾に無数の棘が生えており、船底に引っかけて船を転覆させ 海に落ちた人間を喰らうと云われている。 【Nwでの磯撫で】 普通の鮫が人の味を覚えて何度も喰らっている内に変化した妖怪。 月イチで…

ワイラ

ワイラ(Waira) 絵師・鳥山石燕の描いた『画図百鬼夜行』に掲載されている妖怪の一体。 年老いた蝦蟇が変異して生まれた妖怪とされているが、 実際は「恐(こわ)い」という言葉から生まれた創作妖怪。 【Nwでのワイラ】 相手の恐怖を糧に生きる妖怪。 その為実…