読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Neighbor-World解説コーナー

赤目ガオカの自主制作『Neighbor-world』の作品かんたん解説【画像の著作権は赤目ガオカにあります】

獅子狛犬

f:id:Sunojin_Nwkaisetu:20170221143124j:plain

獅子狛犬(しし こまいぬ, Karajishi-Komainu)

大元は御帳場の御簾を押さえる銅像

当時は皇族="神"を守る番犬としての意味合いが強かったが、

後に神社の拝殿前に置かれ領域の守護者としての意味合いが強くなる。

配置は神様に対しての配置であり、人間に対しての配置ではない。

最近の神社は向かって右の(唐)獅子が対を成す唐獅子型の「狛犬」が多く、

大元の狛犬の姿が忘れ去られてきているフシが有る。

 

【Nwでの獅子狛犬

上野東照宮に座している”狛犬”がモデルで筋骨隆々。

向かって左の「狛犬」は一度変異して

この姿をしている為「獅子」より数倍年上。

狛犬はテレパシーでしか話せないが、獅子はその数倍わちゃわちゃと喋り

狛犬に諌められる事が日常茶飯事。

保存

保存